p

全てフィクションです。登場する人物・団体は架空のものです。

泣き虫しょったんの奇跡をみて

とても良かったです。75点

しょったんは静かだが、確かな芯と優しさを持っていて、だからこそ悔しさを噛みしめる時の気迫もひとしお。

元々のストーリーの力があるのであとはどう映像として面白くするかってとこでしたね。

 

良かったのは

成長の過程を見てくのが飽きなかった

洗練されてる人生をノンフィクション映画にすれば自然と映像も無駄なくなるだろうね

いらん反抗期とかなくて

大学合格とか就職とかは詳細に描いてないけど納得いかない点など皆無だし

シンプルかつ力強いなあっていう印象。伏線というほどのことじゃないのかもしれないが、しょったんがたどってきた人生が新たな1局1局に昇華されていくのが見てて手に汗握りますね

いくら強くたって奨励会勝てなかったら終わりだし

プロ編入対局で3勝できなかったらそれはそれで終わりだし

ゲームオーバー常に見えてるのに勝てるって本当に、プロだ

奨励会からプロになれなかった絶望経験があるからこその強さであって

学んできたことを全て生かすというような心持ちがあるからこその勝利なんだなと思いました。

 

あと國村隼の演技良かった。

 

悪かったのは

bgmめちゃめちゃかっこいいがパターンが少ない

松たか子の序盤の教室での態度は、現実的にはちょっとしょったんを贔屓しすぎてる気がする

伏線張ってんのかなって感じムンムンした。実際そうだった。

ドラえもんが助けてくれるって下りは回収時は感動したけど、

伏線張る段階では、なんか会話としては上滑りしてる感じで、

それは印象付けるためにあえてやってるのかもしれないけれど、私はもっと自然な会話って感じにしてほしい

間が、教師が1生徒に使う間じゃないかなと思った。

いつかドラえもんが助けてくれるかもね♩くらいでいいんじゃないか。

 

あと、序盤、しょったんと鈴木ゆうやが邂逅するの、いきなり放課後の下駄箱は話が早いなあって思った 島耕作が女抱くときか

体育帰りに教室帰るときすれ違って目があって、その日はなぜか廊下でよくすれ違って、とかのシーンありつつとか。その放課後にもう一回会って、じゃあ、将棋やる?の流れとかじゃない?テンポとしては。

 

ワンクッション挟む派かなあ私、どうでもいいけどね

 

上白石の演技が浮いてると思った。最後のプロ編入決定の試合観戦では、あそこまで感情移入して観てるのはちょっと不自然に思えた

好みの問題なのかもしれないが私は、子供抱きかかえながら何と無くテレビを観てて、不意に子供が泣いて、視線をテレビからそらして、すごいな、って呟くくらいでいいんじゃないって思いました

 

あと突然の藤原竜也はなんだったんだろう。

 

 

余談

 

blankey jet cityの元ベーシストが音楽担当だったのか。照井利幸

後藤がよくジェッタシーとかマスタニーとか、ゴッドタンでマジ歌で歌ってる歌の、あからさまな元ネタとなっているバンド

このバンドをリスペクトしているのは

椎名林檎タモリjudy and mary のtakuya、

ポルノグラフィティtama

puffyのあみ

バイキング小峠

永作博美

glay jiro

など

なかなか錚々たる面子。

 

タモリがファンと公言し、思わず聞き入った際のエピソードをいくつも残している。

 

そのエピソードもまた示唆に満ちてる。おっとそれはタモリサイドの話

 

ともかくバンドの洗練性がうかがえる

 

聴いてみよう。

 

そして、将棋頑張ろう。

私もプロと言えるほど洗練された人間になるべく精進しよう